美漢倶楽部

美漢倶楽部とは

中国医学では、女性は7年のリズムでカラダが変化します。いつまでも好奇心旺盛でキラキラ輝くチャーミングな女性でいる為に、正しい健康観を一緒に見つけませんか! 東洋医学、西洋医学の垣根を超えて、毎日のちょっとした工夫と、誰でもできるカンタンなアイデアを満載します。薬膳セラピストの、心とカラダを元気にする応援サイトです。
2019年9月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
IMG_1108

つくしでデトックス  10倍美人


つくしでデトックス 10倍美人!!

                                                                                           

IMG_1108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも行っている農協の野菜直売所に行っ

たら、つくしを発見!

 

一袋 100円。

 

薬膳を勉強するまで、つくしに薬効がある

知らなかったので、食べたことはありません

でした。

 

春に収穫される野菜や山菜には、一般に

デトックス効果が高いものが多いのですが

つくしも例外にもれず、デトックス効果が

高いです。

 

中医学では、人間や動物の体は、

冬の間にカラダに溜まった毒素を、

春になるとカラダから排出させようと

いう力が高まります。

 

そして、その排出させようとする力を助けて

くれるのが、春に取れる旬の野菜や山菜

なのです。

 

以下は、中国の古い文献

「本草綱目(ほんぞうこうもく)」に記載されて

いる薬効です。

 

1.利尿作用とむくみ取り

2.心臓や血管を丈夫にする

3.糖尿病の予防

4.血圧を下げる効果

5.骨を丈夫にし、骨折を和らげる効果

6.咳止め

7.胃を丈夫にする

 

最近の研究では、花粉症などのアレルギー

症状にも効果があるとか。

 

引用サイト:『美肌レシピ』

http://www.skincare-univ.com/recipe/food-tips/003059/

 

カラダに溜まった毒素を楽に排出して、

むくみもとったら、スッキリ美人間違いなし?

ですね(笑)

 

早速調理して、食べてみました。

 

ゴマ油でいためて、白ごまとエゴマ、おかかを

まぜてできあがり。

 

調味料は酒と醤油だけ。

 IMG_1110

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦味もなくて、おいしい。

 

苦味も感じず、おいしかったのは私の体に

毒がたまっている証拠でしょうか?

 

最近おいしいクッキーを見つけ、少々

食べ過ぎ傾向なので・・・。

 

薬膳料理家の阪口珠未先生のブログ

にも、つくしについて書かれています。

 

よかったら、ご覧くださいね!

 

クリック ➡  阪口珠未先生のブログ


こちらも合わせてお読みください

images (19) 2015年05月30日 ダシを取ろう!!
薬膳スープ 2014年11月07日 薬膳セラピストの仕事

Twitter