美漢倶楽部

美漢倶楽部とは

中国医学では、女性は7年のリズムでカラダが変化します。いつまでも好奇心旺盛でキラキラ輝くチャーミングな女性でいる為に、正しい健康観を一緒に見つけませんか! 東洋医学、西洋医学の垣根を超えて、毎日のちょっとした工夫と、誰でもできるカンタンなアイデアを満載します。薬膳セラピストの、心とカラダを元気にする応援サイトです。
2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
IMG_1179

病気の回復と自然治癒力


「病気とは回復過程である」

                                        

 IMG_1179

                                       

 看護の礎を築いた世界的な偉人、

ナイチンゲールのことばです。

 

出典元:「看護覚え書き」

フローレンス・ナイチンゲール 著

 

 

病気とは、体内で働く自然の治癒力や回復

のシステムが発動して、身体を元のバランス

のとれた状態に戻そうとしている姿である

という意味です。

 

熱や鼻水、くしゃみなどの症状はどうして

出るのでしょう?

 

病原菌がカラダの中に侵入すると、

カラダはそれを除去しようとして

免疫機構が働きます。

 

風邪を引いて発熱するのは、体温を

上げて免疫力を高め、体内に入って

きた異物(ウィルス)を撃退するため

ですね。

 

熱や鼻みず、くしゃみの症状として、

体が頑張っているんだなと考えると

体がとても愛おしい。

 

 

「回復過程」とは、毒物や衰弱から身体を

守るため、元のバランスのとれた状態

戻そうとする身体の働きなのです。

 

この回復への営みが、病気という現象

です。

 

ナイチンゲールはさらに、

「患者の生命力の消耗を最小にするように

整えること」が ”看護” だと言っています。

 

体内で働く「回復過程」を順調に発動させ

体が癒されるのを援助するのが”看護”

 

19世紀当、イギリスでこのような考えを

した人がいたのが新鮮に思いました。

 

熱やくしゃみなどの症状が病気の

回復過程であるというのは、東洋医学

の考え方に似ていますね。

 

自然治癒力を高めていくのが、東洋医学の

特徴の一つ。

 

ナイチンゲールの思想は、大きく3つに分けら

れます。

 

1.その人自身がもつ「自然治癒力」を妨げない

ように援助。

 

2.生活にかかわるあらゆることを、その患者に

とって最良に整えるための援助。

 

3.人間が生まれたときに授かる「生命力」の

消耗を最小にするための援助。

 

中国医学は、

・病気を未然に防ぐためには?

・持って生まれた生命エネルギー

をいかに長く保ち、健康で長生できる

ようにするか?

といったことをずっと研究してきました。

 

薬膳の考え方は、食事で病気にならない

体をつくり、トラブルが出たら、悪化する前に

自然な食べ物や生薬を使って早目にリセット

します。

 

また、カラダ全体のバランスを見て治す方法を

探すのが、中国医学です。

 

ナイチンゲールの思想と中国医学の

根底にある思想が共通しているように

感じるのです。

 

 

 ナイチンゲールは病気に対して

誤解や偏見の多い時代に、

自然治癒力や生命力について、

深く考えていたのですね。

 

「病気とは回復過程である」

薬膳セラピストやヨガのインストラクター

として、いのちに向き合う時、

このナイチンゲールのことばを

大事にしたいと思います。

 

 

 

人間のいのちや生命力について、

きちんとした理解をするためにも

読んでおくといい本です。

   ↓↓↓↓

 おすすめ本:

 『看護覚え書』 

フロレンス・ナイチンゲール 著  現代社

 

参考図書:

ナイチンゲールの『看護覚え書』

        金井 一薫 編著  西東社


こちらも合わせてお読みください


Twitter