美漢倶楽部

美漢倶楽部とは

中国医学では、女性は7年のリズムでカラダが変化します。いつまでも好奇心旺盛でキラキラ輝くチャーミングな女性でいる為に、正しい健康観を一緒に見つけませんか! 東洋医学、西洋医学の垣根を超えて、毎日のちょっとした工夫と、誰でもできるカンタンなアイデアを満載します。薬膳セラピストの、心とカラダを元気にする応援サイトです。
2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
薬膳とヨガ

願いはかなう!薬膳とヨガで夢を実現


願いはかなう!薬膳とヨガで夢を実現

 IMG_0912

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨガを始めて、およそ15年。

薬膳を始めて、6年ほど。

 

私はいわゆるバブル世代の人間。

学生時代から、会社員時代はまさに

バブル真っ盛り

 

海外旅行、ブランド品、欲しいものは何でも手に入り、

物質的にはとても豊かでした。

 

OL一年生時代は、どこの会社も

残業や休日出勤は当たり前。

 

社会人として働きはじめた友人たちとたまに会うと、

「とにかく仕事がハードで大変。」

「夜中まで残業だった・・・」

という言葉ばかりだったような。。。

 

過労死ということばを身近に耳にしたものこの頃。

 

物質的には豊かでも、精神的にはとても貧しい!

いつもそう感じてました。

 

 

そんな気持ちで仕事をしていたある日のこと。

直属の上司が会社に出勤できなくなって

しまいました。

 

深夜まで続く残業や休日出勤などで、心身ともに疲労して

しまったのが原因。

 

漠然と、” なんか変だなあ ” と感じました。

 

物質的な豊かさ、表面的は豊かさより、内面を充実させ、

健康で元気に過ごせる毎日を送りたい!

 

次第にそう願う自分がいました。

 

それ以来、

”ココロもカラダも健康で、バランスの取れた人生を送る”

にはどうすればいいのだろうと模索し始めました。

 

そんな時にヨガに出会い、以来ずっと続けてます。

 

 

「ヨガの他に、食事でも健康なココロとカラダを作れないかな?」

 

そんな時、阪口すみ先生の漢方キッチンのサイトを見つけました。

ブログのある文章に目がくぎ付けになりました。

 

以下 後に出版された先生の書籍からの引用です。

 

「顔色が黒っぽく、体調の悪そうな男性は、そばをほんの2~3分

でかきこんで、小走りに去っていきました。

時はバブルの真っ最中。

豊かと言われた時代でしたが、その後ろ姿に豊かさを感じられず、

違和感が残りました。」

引用元:「漢方キッチン ムリなくしぜんに、いいカラダ」

      阪口珠未 著

 

「同じように違和感を感じていた人がいたんだ!!

しかも、薬膳を勉強しに北京に留学をしている!!

この先生の元で勉強したい!」

 

すぐに薬膳講習の申込みをして、その日からアッと言うまに

6年が経っていました。

 

6年前は考えもしなかった ”薬膳セラピスト” という

仕事。

 

『ココロもカラダも健康で、バランスの取れた人生を

送りたい!』

という願いがかない、仕事として表現できる準備が

整いつつあります。

 

薬膳とヨガで「自分のカラダの声を聞いて、セルフケアが

できるようになる方法」を、伝えていきたいな(#^.^#)

 

目下、夢の実現に向けて、ゆっくり進んでます♡


こちらも合わせてお読みください

薬膳スープ 2014年11月07日 薬膳セラピストの仕事
IMG_1038 2015年04月24日 薬膳と睡眠
DSC_0404 2014年08月01日 食べないガン治療
日本酒 2014年10月15日 おいしい日本酒

Twitter