美漢倶楽部

美漢倶楽部とは

中国医学では、女性は7年のリズムでカラダが変化します。いつまでも好奇心旺盛でキラキラ輝くチャーミングな女性でいる為に、正しい健康観を一緒に見つけませんか! 東洋医学、西洋医学の垣根を超えて、毎日のちょっとした工夫と、誰でもできるカンタンなアイデアを満載します。薬膳セラピストの、心とカラダを元気にする応援サイトです。
2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
yoga2

心とカラダはつながっている!


心とカラダはつながっている!

yoga2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヨガ人口が増えてます!

100万人を超えているとか・・・。

雑誌を見てもヨガの特集がいっぱいで、

「ブームなんだんな~」と感じます。

 

私がヨガに出会ったのは、15年ほど前

まだまだ、ヨガをやっている人も少なく、

ヨガ教室も少なかったように思います。

 

私は子供の頃から

カラダがかたい、

頭痛持ち、

風邪もよく引いて、

学校もよく休んでいました

 

病院に行ってもよくならなし、

薬を飲んでも良くならない!

 病院完成②

 

 

 

 

 

 

 

 

何かカラダにいいことをしたい!

と思ってヨガを始めました。

 

続けてこれたのは、

その気持ちの良さと幸福感!

 

ヨガの後は、頭の中が空っぽになり、心も軽い!

幸福感

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪も引きにくくなった!

薬を飲むことなく頭痛が治った!

 

 

今では、ほとんど薬は飲みません。

 

 

ブームの理由

 

 

ヨガを選ぶ理由の心の安定

を求める人が多いですね。

 

 情報社会で、自分自信を見失い、感情の

コントロールが難しくなっているのでしょうか?

 

心身一如(しんしんいちにょ)

という言葉があります。

 

心とカラダは一つ という意味。

 

そのメカニズムの解説に、中医学は

明快な答えがあるんです。

 

中国医学では各臓器がそれぞれ感情を

つかさどっていると考えます。

 

肝 ➡ 怒り

心 ➡ 喜

脾 ➡ 思

肺 ➡ 悲

腎 ➡ 恐

 gogyo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という具合です。

 

イラストは臓器と感情の関係を表した五行図!!

 

例えば、怒ってばかりいると”肝”という臓器が

傷つきます。

怒り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血液を貯めたり、カラダに血液を巡らせる働き

がある”肝”の働きが悪くなるのです。

 

東洋医学理論をベースにしたヨガは、

傷ついた内臓の調子を整えてくれる特徴

があるんですね(^^)

 

内臓の調子が整う=心も整えられる

と考えるのが中医学

 

 

 

中医学の理論が、ヨガの気持ちよさと、

体への効果だけでなく、心のコントロール

までできることを教えてくれました。

 カラダと心

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっともっとヨガと中国医学の世界を掘り下げて

探求したい!!


こちらも合わせてお読みください

photovisi-download31 2014年09月09日 秋の養生法
DSC_0541 2014年08月28日 遠回りの健康法

Twitter