美漢倶楽部

美漢倶楽部とは

中国医学では、女性は7年のリズムでカラダが変化します。いつまでも好奇心旺盛でキラキラ輝くチャーミングな女性でいる為に、正しい健康観を一緒に見つけませんか! 東洋医学、西洋医学の垣根を超えて、毎日のちょっとした工夫と、誰でもできるカンタンなアイデアを満載します。薬膳セラピストの、心とカラダを元気にする応援サイトです。
2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
りんご2

食べ物が体に与える影響


『イギリスで新発表☆

食材別でみる体に与える影響まとめ』

りんご2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興味深い記事を見つけました。

 

特定の野菜やチーズが人間の健康に有益

あるという新しいニュース。

 

例えば・・・

 

にんじんとピーマンの効能とは?

 

6週間の間、毎日ピーマンを食べて、150mlの

にんじんジュースを飲むと、顔色がイキイキとして

血色がよくなるそう。

 

これは野菜に含まれる色素・カロチノイドのおかげ

 

・病気に対する抵抗力

・免疫強化やガン細胞の成長を抑える

 

チーズの効能は?

 

チーズは脂肪燃焼を促進する”ビタミンB2”が豊富。

そして、虫歯予防にもいい!とか。

 

 

 

リンゴの効果は?

 

リンゴに含まれる「ポリフェノール」が、

 

・アルツハイマー病予防

・心臓病予防

・高コレステロール予防

です。

 

 

 

最後は、牛乳

 

牛乳は、スポーツをした後に飲むと、運動して

疲れた体に水分補給するのにピッタリとか。

 

汗をたっぷりかいた運動の後に、水をスポーツ

ドリンクを飲んだ人は、カラダに水分が半分した

残らなったのに対し、牛乳は4分の3の水分が

体内に残ったと結果になったそう。

 

牛乳はからだにゆっくりと吸収されるのですね。

 

 

ここで、人参に注目してみたいと思います。

 

DSC_0171

 

 

 

 

 

 

 

薬膳ではにんじんはどんな体質の人にも合う

優秀食材。

 

手軽に取れる薬膳食材の筆頭に挙げられます。

 

私のおススメはにんじんとリンゴを絞ったジュース

 

このジュースに、アマニ油を小さじ2杯ほど

入れて飲んでます。

 IMG_1314

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマニ油に含まれるα-リノレン酸が、

アレルギー症状などを緩和したり、血液を

緩和してくれるんです。

 

α―リノレン酸などのオメガ3系は、善玉コレステ

ロールを増やしてコレステロール値や血圧を

下げる効果があります。

 

便秘解消

吹き出物解消

顔色がよくなった

 

私の実験結果です(^O^)

 

飲むタイミングも大事!

 

朝起きて、朝食の前(空腹時)に飲んでます。

 

午前中は排泄の時間

 

人間が1日に分泌する消化液は30リットル前後。

消化液を作って分泌するために、カラダはとても

頑張らなければいけないのです。

 

薬膳の考え方で一番大切なことは、

「何を食べたか?ではなく、

何を消化・吸収するか?」です。

 

消化・吸収されなかった食べ物は、すべて毒

となり、生活習慣病や肥満の原因になります。

 

朝のにんじんとリンゴのジュースが、

排泄を促してくれるんですね!

 

絞りたてのジュースは酵素がたくさん!

絞って30分以内に飲むことがポイントです。

 

食べ物がカラダに与える影響って大きい。

改めて思いました。

 


こちらも合わせてお読みください

IMG_0653 2015年02月19日 選択肢を広げる
IMG_0479 2014年11月20日 認知症の母の贈り物

Twitter